向井の就活コラム 第5話

Text by 向井 潤一

 

第5話  冊子「たべること。つくること。」

 

昨年の暮れに、Spoon では、ある冊子を作って、いつもお世話になっている方々にお配りしたんですが、これは何かというと、年に一度作るSpoon の作品集なんです。毎年その年の担当者を決めて作っているので、その都度スタイルは変わるんですけど、一年間の仕事をまとめて紹介する冊子なんですね。今回はその冊子の題名を「たべること。つくること。」としました。作品紹介プラス、プロデューサー全員が、自分と食べものというテーマで、小文を書くコーナーを作ってみたんですけど、これがなかなか面白かったんです。

 

どうしてこのテーマを選んだかというと、Spoon という会社は、日頃から食べるということをけっこう大事に考えてるところがあるんですね。いろいろな場面で、社員が集まって食べたり飲んだりしてるんですが、その食べ物は全部自分たちで作ったりします。

 

前々から思ってることではあるんですが、食べることへのこだわりというのは、ものを作るときのこだわりとよく似ております。まず素材をどうやって手に入れて、下ごしらえをどうしておくか、どのタイミングで煮たり焼いたり蒸したり手を入れるのか、又、調味料の使い方であるとか、等々。完成へ向けて、そのプロセスをあらかじめどう設定しておくのか。いや、これって、まさに共通するもの作りの考え方なんですね。そして、その完成品は人を感動させることが出来るのか。そういったところも、たべることとつくることは、すごくよく似ております。

 

だいたい、優れたもの作りのプロ達は、食べ物にはうるさいです、昔から。次回もまた食べものの話になりそうです。はい。

 

 

 

*************************************************************************

 

※向井の就活コラムとは。

2018年度新卒者募集時の企画「向井のコラム」として、2017年3月6日〜7月18日までの期間、スプーンのFacebookページにて掲載したものの、再構成です。全10話にわたり、主に就活中の学生の皆さんに向けて、というテーマで、仕事のこと、スプーンという会社のことを綴ったものです。